意外と使える!さまざまな用途に活用できる圧着ハガキの魅力

サイトマップ

郵便ポスト

圧着ハガキは開けたくなる心理になるのでDMにおすすめ

ハガキ

中面をめくって開封する圧着ハガキが届いたら、何気に開けてしまうのではないでしょうか。たとえ何度か受け取っているお店や会社のDMでも、ひとまず中身を見たくなる心理が働きます。手で簡単に剥がせるので、その容易さも開ける気持ちを促してくれています。例えば封書のDMの場合は開封にハサミが必要です。手で破って開けることも可能ですが、たったこれだけの作業でも面倒に感じることがあり、特に興味が無ければそのままゴミ箱に捨ててしまうこともあるでしょう。
圧着ハガキは、中を見てもらえる点で封書より優れた広告郵便と言えるでしょう。そのため何としても開封してもらいたいDM発送には、圧着ハガキの利用がおすすめです。中を見た後に心惹かれる内容であれば、購入や来場に繋げられます。DMとして圧着ハガキを発送する利用シーンで多いのは、キャンペーンのお知らせやイベント開催のお知らせなどがあります。来場者プレゼントを利用して、中を開けてもらう工夫や来場を促す工夫をするケースが多いようです。
圧着ハガキの作成は業者に依頼して準備でき、ネットからの注文も可能です。形状や圧着の方法なども選べますから、用途に合わせて印刷の内容を工夫できます。アイデア次第で、効果が上がるDM作りが可能になるでしょう。

圧着ハガキの制作はめくりやすいズラシ折りがおすすめ

ダイレクトメールはターゲットを絞って発送する広告郵便で、既に顧客履歴がある方などに送るためある程度の効果が期待できます。例えば、個別のお得な情報や開催予定のキャンペーンなどを告知して購入や来場を促します。このダイレクトメールは一般的にハガキや封書で発送することが多いのですが、最近はその二つのメリットを合わせ持つ圧着ハガキの利用が増えています。
圧着ハガキは送料や制作費用を押さえながら、たくさんの情報を効果的に発送できるという嬉しいメリットがあります。なぜハガキサイズでたくさんの情報を掲載できるかと言えば、折って圧着するからです。そして折り込んだ部分は手で簡単にめくれる特殊な技法を採用していて、印刷も綺麗に見られます。そんな圧着ハガキの作成は業者に依頼して作ってもらいますが、依頼する場合はオプションサービスの「ズラシ折り」を検討してみることをおすすめします。
これはめくりやすさを考慮して、圧着面をズラシて折る方法です。このオプションサービスを取り入れることで、中面にもお知らせがあることを確実にアピールできます。単なるハガキだと見てもらえないことがありますが、このズラシ折りがあることで、めくりやすい上に中を見たくなる心理が働きます。ダイレクトメールは開封率を上げることが大切ですから、圧着ハガキの作成時にはズラシ折りのオプションサービスを選んでみてください。

圧着ハガキはキャンペーン案内のDMに最適

広告郵便で最近注目度が高いツールと言えば、圧着ハガキです。その特徴はめくって剥がす特殊な形状にあり、普通のハガキと比較すると数倍の情報を盛り込めます。二つ折りや三つ折りといったバリエーションがあるので、情報量に合わせてセレクトできます。圧着ハガキは主にDM発送に利用されており、従来のハガキや封書よりもレスポンス効果が高い点が大きなメリットになっています。剥がして見たくなる形状が、効果を高めてくれます。
圧着ハガキでDMを発送するなら、おすすめはキャンペーン案内での利用です。キャンペーンは特別なお知らせとして、会員や上顧客の方には確実に知ってもらいたい情報です。キャンペーンの詳細内容はもちろん、その際の個別な特典などもお知らせして、効果を効果を上げていきましょう。圧着ハガキの場合はたくさんの情報を掲載できるため、それらの内容も充分に盛り込めます。
また気密性がある中面には、個々のプライベートなお得情報を記載することも可能になります。そんな圧着ハガキの特性を活かして、来場を促す記念品の贈呈やポイント残高の情報など、キャンペーン効果が高まる内容を考えてみましょう。作成は業者に依頼すれば簡単に準備できますから、次回のキャンペーン告知の際にはその利用を検討してみてはいかがでしょうか。

PICK UP

お知らせ

TOP